マブライ(生命) ヌチ ドゥ タカラ 奄美のことば

maburai

マブライ

自然の神々や祖先、
親に守られて導かれ、
幸や恵を頂くことをマブライといいます。

そして、恵をいただく人のことをマブライムンといいいます。

ヌチ(いのち)を頂いて、今日の生命(いのち)を生きる。

命こそ宝、
命をキミ、アナタ、ボク、ワタシに置き換えてみたら・・・。

気がつくでしょう。
マブライを得て私たちは生きている。

辛いことも嬉しいことも、
表裏一体。

その全てがあって今、
この瞬間の恵に喜び、
感じることができる。

ささやかな喜びが忘れられない記憶の扉に入り込む。